最近の記事

2021年01月22日

アルシオン・プレヤデス104:ワクチン拒否、死者/被害者、世界的な抵抗、アジェンダ21、増大する抗議

アルシオン・プレヤデス104:ワクチン拒否、死者/被害者、世界的な抵抗、アジェンダ21、増大する抗議

https://www.bitchute.com/video/EoLGV4s7g1DT/
****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、二部構成になっています***

わたしたちは、人類にワクチンの接種を強制するための虚偽、医療テロのペテンに直面している。これは、世界の人口を削減する目的で、世界の最も強力なエリート達の手で綿密に計画された、体系的な絶滅に他ならない。
それゆえ緊急の目覚めが必要だ。なぜならわたしたちが無意識のままであり続けるなら、彼らが課そうとしている操作や医療テロから抜け出すことはできないからだ。

子供達の健康を損ない、精神や感情のバランスを崩させているマスクの使用にせよ、ロックダウンとそれに伴う物理的な隔離の強制にせよ、正当な理由がない上に、わたしたちの自由という人権の明らかな侵害を意味する。

またわたしたちに接種させたがっている有害なワクチンは、実験的なものであり、その有効性や安全性が証明されていない。というのも、死者や副反応による被害者が増大し続けているからだ。

それゆえ、その有害なリスクについて警告する、世界中で10万人以上の医師や科学者、ウイルス学者、生物学者、精神科医、免疫学者、細菌学者、遺伝学者、疫学者、様々な医療関係者が存在する。

わたしたちの権利に反するより厳しい制限措置を採るべく、扇動主義や操作、恐れに基づく強制や、情報の流布に対し、抗議する弁護士や法律委員会、裁判所も存在する。

深刻な精神および肉体、経済、社会的な被害をもたらす、それらの措置の目的は、アジェンダ21ないしはグレート・リセットを導入するための、人類の絶滅や人口削減である。そうして全体主義の国家を課すためだ。エリートはそれをもって、新世界秩序の導入を望んでいる。

これよりなぜ今まで以上に、決然とした揺るぎない抵抗が急を要するのかや、デモをやめないという緊急の必要性について、理解できる。そうしてわたしたちが自由な民主主義の社会であり、意見する権利をもっており、わたしたちはワクチンに反対していると表明するためだ。
提供:アルシオン・プレヤデス

以上、アルシオン・プレヤデス動画説明より抜粋
posted by 虹色空海 at 19:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月08日

アルシオン・プレヤデス63音声追加新版: UFOの機密解除とエイリアン、悪魔崇拝−バチカン、黒服の男、テスラ


アルシオン・プレヤデス63音声追加新版: UFOの機密解除とエイリアン、悪魔崇拝−バチカン、黒服の男、テスラ
プレヤデスアルシオン

https://www.youtube.com/watch?v=mtz0DNpTid4

*** 新版 ***

UFO現象やその乗組員に関連し、機密扱いされている一連のマテリアルに、真実の光をあてる時が来ていると説明することは、極めて重要だ。また、国際社会にとって大変な重要性を持つ、各国政府が伏せてきた闇の作戦や秘密計画についても、同じことが言える。

地球全域に、人間とつながりを持つ、コスモスを起源とする船が記録された無数の証拠が存在している。これはポジティブな方向に向けても、また別の実に欺瞞的な、闇の方に向けても、起こってきた。それが、この人種の行く末を変えたのだ。

このドキュメンタリーにおいて、なぜ光の反対が、ひどい狡猾さをもって、その秘密主義を利用し、隠蔽のもとに人類に擬態してきたのかを理解できるだろう。そして古代のシュメールの時代から、アヌンナキやニビル、ネフィリム、トゥラン人、ペリシテ人、ヒッタイト人の側について、狡猾に偽装して潜入し、後に政府にまで入り込んで、現在まで至っている。 そのため、堕落が全ての場面において、あらゆる所に入り込んでいったのだ。

数千年前から支配し、操っている背徳的な闇の力は、全ての人間にいわゆるエゴ・瘴気を生じさせる一方で、常に悪を栄養としてきた。そしてそれを達成するために、私達が元々持っていたDNAの12本の鎖を切除したのだ。

しかしながら、その失われた意識を取り戻すために、太陽系にも、地球にもより強く継続的に光子・光が届いている今や、その軽い周波数は、光の反対にとって耐えられないエネルギーとなる。それゆえ彼らはこの文明に対するひどい陰謀をもって食べ物に毒を盛り、水を汚染し、放射能漏れを起こし、またワクチンや病気をもたらしながらできるだけ早くこの文明を滅ぼそうとあらゆる手段を講じてあがいているのだ。

というのも、彼らは自分達のものではない惑星を支配するために、宇宙からやって来た存在であるからだ。そして2012年が閉じてからは、星の連盟とのその不可避の協定ゆえに、彼らは現在までのその不快で不当な地球上での滞在の間に、彼らがこの惑星で行ってきた全てのことを開示しなければならないだろう。 だがはたして彼らは、全てを機密解除するだろうか?それとも、自分達の立場を危うくしないよう、現在行っているように、部分的な形でそれを行うのか?

制作 アルシオン
以上、アルシオン動画説明より抜粋
posted by 虹色空海 at 14:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

アルシオン・プレヤデス、ニュース82-2019:臓器の密売、世界的停電、イラン-米国、バイオフォトン、UFO

アルシオン・プレヤデス、ニュース82-2019:臓器の密売、世界的停電、イラン-米国、バイオフォトン、UFO
アルシオン・プレヤデス-ビデオニュース
https://www.youtube.com/watch?v=J5CljHFi5QI

posted by 虹色空海 at 12:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする