最近の記事

2020年11月11日

アルシオン・プレヤデス100:枕営業 ハリウッド-ボリウッド 小児性愛、悪魔崇拝、児童虐待、アドレノクロム

プレヤデスアルシオン
アルシオン・プレヤデス100:枕営業 ハリウッド-ボリウッド 小児性愛、悪魔崇拝、児童虐待、アドレノクロム
プレヤデスアルシオン

https://www.youtube.com/watch?v=YUUemdSiJJM

疑いなくハリウッドは、その起源より常に、特別な魅力を持つ傑出した魔法の地であった。だが、ハリウッドの業界には、かねてより操作とコントロールのアジェンダがあることが、よく知られており、加えて映画による宣伝部門と化している。

また悪魔崇拝のエリートは、一世紀以上に渡り、カメラの背後に強欲や堕落、作り話、オーバードーズ、スキャンダル、性的虐待、さらにはこの上なく邪悪な悪魔主義が存在する映画を介して、その世界の歪んだ見方を私達に押しつけようと企ててきた。

決定的にハリウッドは、常に信じられてきたような憧れと魅惑の場所ではなく、実際は儀式や悪魔、ソドミーの地であり、そこでは多くの女優や男優達がだまされて、特にその初期において、「枕営業」の被害に遭ってきた。

彼らは何らかの役柄に選ばれることと引き換えに、プロデューサーや監督から性的な接待を要求されるのだ。ボリウッドでも、インド映画の闇の世界の幹部として働く性的虐待者らについての大規模な暴露が生じてきた。

その中で様々な女優が、性犯罪者を告発し始めている。 だがこれは映画産業のみならず、周知のように、ヨーロッパは常に小児性愛の天国であり、地球を支配する古代の貴族の家系の故郷であった。彼らは、悪魔崇拝と結びついた儀式を通して、若者のエネルギーや血から寄生的に糧を得ている。

では、性犯罪者ジェフリー・エプスタインと、ロリータ・エキスプレスおよび乱交の島の客である、その政治家や有名人、億万長者とのつながりについては、何が言えるだろうか?

また、小児性愛や悪魔崇拝、ソドミー、吸血行為、幼児虐待の儀式、最悪の種類のあらゆる腐敗をコントロールしており、とりわけ子供に大きな被害をもたらしている権力構造については、どうだろうか?

血の儀式や児童虐待を介して得られるアドレノクロム、ないしはアドレナリンを含む血液については?それを多くの名高いセレブが、麻薬のように用いてきた。

実際、邪悪な悪魔崇拝者である闇のエリートの目的は、この不快な人類を緊急に滅ぼすことだと認識するべきだ。

提供:アルシオン・プレヤデス
以上、アルシオン・プレヤデス100動画説明より抜粋
posted by 虹色空海 at 02:26| Comment(0) | アルシオン・プレヤデス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。