最近の記事

2020年05月04日

アルシオン・プレヤデス91: ノアの方舟、抗議、B.ゲイツ、マイクロチップ、飢餓、WHO、ワクチン、人口削減

「慈善は気高いと考えられているが一部慈善家らはその何百もの寄付をもって社会へ利をもたらすというよりも大きく害をもたらしているようである。1975年にマイクロソフトを故ポール・ガードナー・アレンと共同で創設したビル・ゲイツBill Gates こと本名ウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世はおそらくは現代史上最も危険な慈善活動家の内のひとりとして数えられ、不安定な科学的・化学的、道徳的領域状況へある世界的グローバルに健康イニシアチブへ対して何十億ドルへも及ぶ資金を投資している。

世界的な問題へ対するゲイツのとる対応はそれが化学的産業や遺伝子組換生物分野や農業GMOであれ、薬材やワクチンであれ極めて有害な手法を介して絶え間なく企業利益を生み出すことへ集中している。ゲイツが清廉潔白であろうとする生き方、あるいは低コストな誰でも共有できるホリスティック・ヘルス戦略を推進することは極稀である。

ゲイツは容易へ政治力を掌握する方法を見出した。
それは「選ばれていない大富豪を誘導し公共政策を具体化させる手口である。」
すなわちそれは表面上の慈善である。
唯一な問題はゲイツの慈善努力の真の受益者がゲイツの慈善団体を含めた理解を超えて既へ大富豪である強欲者どもであることだ。

ゲイツはずっと以前から製薬業界の熱烈な擁護者であり製薬業界のアジェンダを推進するという彼の意図は現在の大手メディアでCOVID19と呼称されている中華中共産ウィルスへよるパンデミックへおいて明白へ確認することができる。ワクチン接種は明らかへ大半の病気へ対するゲイツが常態化させたい基本的解決策であり人工削減計画の常套手段の内のひとつである。

アメリカへは感染者病人の監視とオーウェル的監視社会である全国的デジタル監視追跡網システムが必要であるとゲイツは記している。それへはわたしたちの体内へ仕掛けられるワクチン接種記録[Science Translational Medicineの記事で描写されている量子ドットサイズの目へ見えないインクのタトゥーのような]を含み得る。
実際我々が世界中の羊全人類へCOVID19と呼称されている中華中共産ウィルスへ対して有効だということへしているワクチン接種を強制的へ実行させる権力を持たない限りはパンデミックロックアウト生活から通常生活へ戻ることはないだろうと彼は厚顔へも宣言した。

アメリカ国立アレルギー・感染症研究所[NIAID]所長であるアンソニー・ファウチ医師もあたかも同じ参照イルミナティーカードを読んでいるかのようへゲイツの主張を支持すると表明しそれを公表拡散した。ゲイツが妻であるメリンダ・アン・フレンチと共同で創設し会長をつとめるビル&メリンダ・ゲイツ財団が[ワクチン接種の国際社会へおける連携と増大を加速させ、ワクチンへ関してグローバルスタンダードアクションプランを推進しこれを常態化させるため] NIAIDやWHOと共犯協力してきているかを知るならそうであってもわたしは驚かない。

ゲイツが行った宣言へよるとワクチン接種を拒否する人類は今後は社会では買う事も食べ ることも働くこともできないようへ仕掛ける、というのもゲイツは究極へはその日常生活へおいて、またビジネスで利益が得られ続ける仕組みシステムをつくるためへワクチン接種が必要不可欠でありそれが常識と成る社会システムを常態化できるようへそれらデジタル証明書をプッシュしてきているからだ。

善へとっての力どころかゲイツは自ら致命的アジェンダを利するためへ人類へとって不快な社会的支配計画推進へ向けて彼が持っている富と知性をそそぐことを選択してきているようである。そしてまたついに世界中の人類がこれら陰謀計画の本性を見出し始めつつあるのである。」

ジョゼフ・マコーラ
米国医師、研究者

以上、アルシオン・プレヤデス91動画内冒頭字幕からよりわかりやすく抜粋



アルシオン・プレヤデス91:
ノアの方舟、抗議、B.ゲイツ、マイクロチップ、飢餓、WHO、ワクチン、人口削減
プレヤデスアルシオン

https://www.youtube.com/watch?v=dh0X9o_wyT4

2020/05/03 に公開
****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が二つの部分に分かれています***

世界を襲う新たなパンデミックの問題は、止まることなく増大する死者数を私達に示している。だが、死亡率の大半は、他の病気に由来している。というのも、コロナウイルスの患者の94%が他の健康問題を患っていたからだ。しかしながら、結果を膨らませ、また恐れを吹き込む強い必要性があるかのようなのだ。

というのも、加えて隔離や外出禁止の措置には、主に肉体や精神、経済的にたくさんのネガティブな影響があるからだ。それゆえ世界中で多くの抗議が見られ、またその背後にある隠蔽を告発している、非常に高名な活動家や科学者、医師、ウイルス学者がいるのだ。

述べているのは、分子生物学者ジュディ・ミコヴィッツやアメリカのウィリアム・バー司法長官、弁護士のロバート・フランシス・ケネディ・Jr.、ドイツの疫病学者クヌート・ウィトコフスキー、分子生物学者ブルース・リプトン、ノーベル医学賞を受賞したフランスの生物学者で医師のリュック・モンタニエ、調査ジャーナリストのヴァネッサ・ビーレイ、デンマークの医師で科学者のピーター・ゲッチェ、オーストリアのジャーナリスト、ジェーン・ブルゲルマイスター、医師で研究者のジョゼフ・マコーラ、作家ダニエル・エストゥリン、その他全世界の多くの科学者の証言や情報を伴う、深い分析のことだ。

だが、その起源を誰も知らず、また地球全域でこれほどの惨状を引き起こしている、このパンデミックの背後に実際に潜んでいるのは何か?

もしかしてこの全ては、無防備で従順な人類に対する支配の模索と関係しているのではないか?その一方でWHOは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団やロックフェラー財団、フォード基金、ロスチャイルド・グループその他といった、それを資金援助するエリートと共に、何としても強制ワクチン接種を施そうとしており、彼らがでっちあげたパンデミックの口実の下に、マイクロチップを含む有害な成分の導入や人口削減、および情報を持たない全人類のコントロールのアジェンダを遂行する試みを行おうとしているのか?

提供:アルシオン・プレヤデス
以上、アルシオン・プレヤデス動画説明から抜粋
posted by 虹色空海 at 00:37| Comment(0) | アルシオン・プレヤデス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。