最近の記事

2014年04月27日

雀のお宿と龍宮城

上戸.jpg

雀のお宿も龍宮城にも行ったことがないものです。

でも、雀さんにも龍さんにも出会ったことがあるものです。

以下は意味はありません。  ただの独り言。





優しくなければ存在足らん

愛に救われますか

愛に足をすくわれましたか

愛は重いですか

愛は単なる罠でしょうか

それは愛でしょうか

それも愛でしょうか

優しくなければ存在足らん

女性をモノとする存在は存在足らん

男性をモノとする存在は存在足らん

人をモノとする存在は存在足らん

命をモノとするものは存在足らん

ぬくもりを感じませんか

やさしいぬくもりを感じませんか

わたしは独りですが、誰も側には居ませんが、それでもぬくもりを此処に確かに感じるものです

此処はね、、、そう、此処であるものです





posted by 虹色空海 at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 虹色空海の独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
其処はね、
此処にあるの、
 
其処はね、思いが一杯あるとフワフワふくらむの。
そして、張り詰めると、割れそうに苦しくなるの、でも、幸せを感じるところなの。

其処はね、小さな細い針で刺されただけで、しぼんじゃうの。
するとまた、痛くて、苦しいの。

その時、ああ、自分は此処に或ると感じられるの。

人間である事を感じられるの。

其処はね
誰にでもあって、善人も、悪人も持っているの。
ただ、誤解しちゃう事も多いの

愛に満たされていると、また膨らんでくるの。
人の愛が一番早く、膨らませられるの。
でもね、許せるときや真っ直ぐに打ち込める時も、また、ゆっくりと膨らむの。

人は、一人でないから、また膨らんで、一杯になるの。

其処は、此処。胸の中。
Posted by おこちゃんちゃん at 2014年04月29日 00:04
お見事なコメント、ご馳走さまでしたッ!!
Posted by 虹色空海 at 2014年04月30日 01:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック