最近の記事

2021年01月22日

アルシオン・プレヤデス104:ワクチン拒否、死者/被害者、世界的な抵抗、アジェンダ21、増大する抗議

アルシオン・プレヤデス104:ワクチン拒否、死者/被害者、世界的な抵抗、アジェンダ21、増大する抗議

https://www.bitchute.com/video/EoLGV4s7g1DT/
****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、二部構成になっています***

わたしたちは、人類にワクチンの接種を強制するための虚偽、医療テロのペテンに直面している。これは、世界の人口を削減する目的で、世界の最も強力なエリート達の手で綿密に計画された、体系的な絶滅に他ならない。
それゆえ緊急の目覚めが必要だ。なぜならわたしたちが無意識のままであり続けるなら、彼らが課そうとしている操作や医療テロから抜け出すことはできないからだ。

子供達の健康を損ない、精神や感情のバランスを崩させているマスクの使用にせよ、ロックダウンとそれに伴う物理的な隔離の強制にせよ、正当な理由がない上に、わたしたちの自由という人権の明らかな侵害を意味する。

またわたしたちに接種させたがっている有害なワクチンは、実験的なものであり、その有効性や安全性が証明されていない。というのも、死者や副反応による被害者が増大し続けているからだ。

それゆえ、その有害なリスクについて警告する、世界中で10万人以上の医師や科学者、ウイルス学者、生物学者、精神科医、免疫学者、細菌学者、遺伝学者、疫学者、様々な医療関係者が存在する。

わたしたちの権利に反するより厳しい制限措置を採るべく、扇動主義や操作、恐れに基づく強制や、情報の流布に対し、抗議する弁護士や法律委員会、裁判所も存在する。

深刻な精神および肉体、経済、社会的な被害をもたらす、それらの措置の目的は、アジェンダ21ないしはグレート・リセットを導入するための、人類の絶滅や人口削減である。そうして全体主義の国家を課すためだ。エリートはそれをもって、新世界秩序の導入を望んでいる。

これよりなぜ今まで以上に、決然とした揺るぎない抵抗が急を要するのかや、デモをやめないという緊急の必要性について、理解できる。そうしてわたしたちが自由な民主主義の社会であり、意見する権利をもっており、わたしたちはワクチンに反対していると表明するためだ。
提供:アルシオン・プレヤデス

以上、アルシオン・プレヤデス動画説明より抜粋
posted by 虹色空海 at 19:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

アルシオン・プレヤデス103:ワクチン拒否、市民の抵抗、医療の暴虐、抗議、真実・自由

プレヤデスアルシオン
アルシオン・プレヤデス103:ワクチン拒否、市民の抵抗、医療の暴虐、抗議、真実・自由
プレヤデスアルシオン

https://www.bitchute.com/video/ERaqUeWfNtlK/

エリートに身売りした傀儡政府は、彼らがこの文明を終わらせるために行っている全てが、途方もなく困難になりつつあると知るべきだ。というのも、恐れの集団ヒステリーや経済的、心理的不安定さを生むことしかしてこなかった偽の医療崩壊や、全く事実でない架空のパンデミックに対し、次第により多くの人々が、目覚めつつあるためだ。

またこの非現実性において、安全でも有効でもない実験的ワクチンのリスクが存在する。
それが、人口削減の道具として私達に課されており、また医療の暴虐に身売りしていない全世界の大勢の医師、遺伝子学者、ウイルス専門家、免疫学者らが告発しているように、強烈な自己免疫疾患や臓器不全、DNAの変化、大量の死をもたらし得る上に、私達を多国籍医療会社の所有物と化し、私達を内面の原則も価値もない自動人形・ロボットとするためのナノ粒子が含まれている。

それゆえ目覚めつつある多くの人々がワクチン接種を拒んでおり、私達に強いられている馬鹿げた措置を告発し、彼らの渇望する人類の大量殺戮を避けるべく、市民の蜂起を求め始めている。だが全ての人の助けにより、彼らは大量殺戮を達成しないだろう。

なぜなら、私達の人間としての自由がかかっており、無知や偽りに対して闘い、事実に基づいた正しい科学的な論拠をもって、私達の権利が認められ、光が闇に対して勝利を達成するまで、デモや抗議を行うことが、肝要であるからだ。


提供:アルシオン・プレヤデス
以上、アルシオン・プレヤデス103動画説明より抜粋
posted by 虹色空海 at 20:37| Comment(0) | アルシオン・プレヤデス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

アルシオン・プレヤデス、ニュース93-2020:ワクチン-不妊、グレート・リセット‐NWO、COVIDのカルト、洗脳


アルシオン・プレヤデス、ニュース93-2020:ワクチン-不妊、グレート・リセット‐NWO、COVIDのカルト、洗脳
アルシオン-プレヤデス 年ニュース
alcyonpleiadesjp-news

https://www.bitchute.com/video/3ZVSYjt8lG6T/
posted by 虹色空海 at 00:33| Comment(0) | アルシオン ビデオニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月18日

アルシオン・プレヤデス102: 恐れ、症候群、クリスマス中止、ワクチン、5G、感情的な賢さ、Jバイデン、第3波


プレヤデスアルシオン
アルシオン・プレヤデス102:
恐れ、症候群、クリスマス中止、ワクチン、5G、感情的な賢さ、Jバイデン、第3波
プレヤデスアルシオン

https://www.youtube.com/channel/UCTlSR_GxSlMn6QZFOnHVVrg


何ら致命的でないウイルスによる二度目のロックダウンを私達が経験する一方で、無数の人々が心理的に影響を受け、何百万もの人が、不確かさや恐れの増大と共に、厳しい経済的苦境に見舞われている。

そこでは自由が奪われ、説き伏せ、丸め込み、執拗な形で、フェイクニュースの拡散をもたらしている。
また隷属的かつ従順な奴隷の新たなモラルを生み出していく、そのペテンにおいては、Covidによる死者数の水増しされたデータや、長期間のマスク使用の危険性の隠蔽、ないしは子供達に想定される害が存在し、そうして市民の尊厳や清廉さを脅かしている。

では恐れのパンデミックや、不安、うつ病、心気症、苦悩の増大についてや、また終わりのない健康危機の結果として増えており、メディアやテレビによって助長される、無数の症候群や神経障害については、何が言えるだろうか?可能な限り長い時間ロックダウンや自宅軟禁を維持することは、経済が悪化するのを目の当たりにすることによって、人々をひどく怯えさせ、怒らせ、不安にさせる。多くの者が、進んでワクチンを受けようとしているが、背後にある事実を知らずにいる。

また世界を統治するサイコパスで小児性愛者、悪魔崇拝者のエリートの目的は、さらなるカオスや痛み、苦しみを至る所に生み出すことである。それゆえ、決意をもって団結するための土台として、感情的な賢さを伴う識別や認識の能力がある。なぜなら、人々はロックダウンや失業、不安定さに極めてうんざりしているからだ。

しかしながら、政府は住民の疲弊をよそに、聞こえないふりをしている。実際に必要なのは、支援である。というのも、私達の行く末がかかっているからだ。彼らのアジェンダは、すべての人にワクチンを打ち、私達を感情や分別、魂・意識のないロボット的なゾンビと化すことである。では現在選ばれたアメリカの大統領で、小児性愛の傾向を持つ、悪魔崇拝のジョー・バイデンについては何が言えるだろうか?世界で最も強大な国で当選した新大統領のアジェンダとは何か?

提供:アルシオン・プレヤデス
以上、アルシオン・プレヤデス動画説明より抜粋
posted by 虹色空海 at 19:26| Comment(0) | アルシオン・プレヤデス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月30日

アルシオン・プレヤデス101:インドの寺院・技術、神々、ドワールカー、ヴィマナ、アストラ、マハーバーラタ

プレヤデスアルシオン
アルシオン・プレヤデス101:インドの寺院・技術、神々、ドワールカー、ヴィマナ、アストラ、マハーバーラタ
プレヤデスアルシオン

https://www.youtube.com/watch?v=Vr6VkJxkg3M

提供:アルシオン・プレヤデス ****音声入り新フォーマット**** ***このドキュメンタリーは、三部に分かれています***

疑いなく、悠久のインド文化は、驚くべき技術、建築面の完璧さをもって築かれた無数の建造物・町を通して、かつての偉大さの脅威を私たちに示している。その多くが、神々自体や、あるいはクリシュナ神の黄金の都ドワールカーなどの町の建築者、ヴィシュヴァカルマンといった賢明な建築者によって建築された。

実際、ブラフマ神、ヴィシュヌ神、シヴァ神のトリムルティの神々は、それぞれの伴侶と共に、宇宙の存在における根本的な力を表す。マハーバーラタやスカンダ・プラーナ、ラーマーヤナ、バガヴァッド・ギーター、リグ・ヴェーダ、その他多くのヴェーダ・バラモン教の文献で明らかにされたところによると、これらの神々は肉体を持って実在し、人間と共に生きていた。 驚異的な技術や建築を伴うこれらの謎においては、ひと続きの岩山から掘り出された神秘的なカイラーサ寺院、コナーラクの太陽神殿、古いラマッパ寺院、ワランガル砦が存在しており、その並外れたサイズや他の多くのことから、いかにして建築し、何の用途があったのか、今日まで誰も説明できずにいる。

同じく、デーヴァは、ヴィマナとして知られる強大な移動式宮殿によって移動していたと、記録されている。これは、空中のみならず、宇宙にも行くことができた、まさに空飛ぶ船であった。もしかして、古代には、惑星間旅行を可能にしていた、進歩した技術を有していたのか、あるいは時間旅行さえ知っていたのだろうか?では、アストラとして知られる強力な武器については、何が言えるだろうか?

これは、魔族アスラと闘うために神々が使用したものだ。では、闇に対する光の勝利を祝うディワーリーのような文化的、宇宙的および文化的な伝統と、プレアデスないしはクリティカの七姉妹とのつながりについては?

疑いなく、古代のインド文明は、前例のない技術および形而上学、宇宙発生論、科学の叡智や知識の深い内容を有していたが、その価値は認められず、さらには隠そうとさえされてきた。 だがそれだけでなく、インドの古代の文献は、それらの時代にあり得るとは私達が思いもしないような、古代の核によるひどい大量殺戮の描写に満ちている。

マハーバーラタで語られているように、パーンダヴァの一族と、カウラヴァ一族の間のクルクシェートラの戦いがあった。都市や国家を完全に滅ぼした恐ろしい戦いであり、それには、現在知られていない多数の空飛ぶ船や魔法の武器が関与していた。本当に、古代に核兵器が存在していたのか?古代インドの、この途方もない文化は、どのような神秘を秘めているのか?

以上、アルシオン・プレヤデス101動画説明より抜粋
posted by 虹色空海 at 17:11| Comment(0) | アルシオン・プレヤデス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする